非常勤、もう一つの働き方 - Good Doctor Hiring

非常勤、もう一つの働き方

非常勤医師としての働き方にはメリットがいっぱい。

医師には常勤の医師と非常勤の医師がありますが、最近では非常勤医師としての働き方に注目されています。非常勤医師のメリットですが、自由に勤務を決める事ができる点にあります。勤務医だと基本的には院長が決めた勤務シフトに従わないといけないですが、非常勤医師の場合だと自分自身で勤務シフトを作ることになるので、自分の都合の良い時間帯に働く事が出来ます。
医師の世界は院長や理事長を中心とした縦社会で、病院によっては院長の意向に従わないといけない場合もありますが、非常勤医師だと常にその病院で働いているわけではないので、院長や理事長からのプレッシャーを受ける事が少ないというのも非常勤医師ならではの大きなメリットと言えます。

非常勤医師には注意点もあります。

しかし非常勤医師にはデメリットもあります。医師は院内の研修体制が構築されており、常勤医だと院内研修会への参加が義務付けられています。そのため最新の医療情報に接する事が可能ですが、非常勤医師にはその機会がありません。そのため独自のルートで最新の医療情報を取得する必要があります。
常勤医の場合だと税金などを事務方が税務署などと話をして適切に処理するので安心ですが、非常勤医師だと税金などの処理は行わないです。そのため自分自身で税務署や市町村の税務課に出向いて行って手続きをしなければいけません。
非常勤医師にはこのようなデメリットもあるので、実際に非常勤医師として働く際には注意しておかないと行けないです。