医師に転職したい!という人は - Good Doctor Hiring

医師に転職したい!という人は

まずは大学の医学部に通うべし

医師に転職するなら、まずは大学の医学部に合格をしなければなりません。大学の医学部で六年間、内科や外科など、各種診療科目について勉強をしなければならないのです。そして、その上で医師国家試験にも合格しなければなりません。卒業後は、研修医として経験を積み、その後一人前の医師として活躍していくこととなります。ですから、総合すると十年ほどはかかると考えて問題はないでしょう。すぐに転職をするというわけにはいきません。もしも医師に転職をしたいと考えている人がいるなら、その決断は早めに行っておく必要があるでしょう。行動も早いに越したことはありません。20代で決断をして30代で医師になるというのは、今では珍しいことではなくなっています。

非常勤医師としてならいくらでも活躍は可能

ただ、あまりにも高齢になってから医師になると、大きな病院では雇用をしてもらえない可能性があります。ストレートで医師になった人たちとの経験の差があまりにも大きすぎるからですね。ですが、医師資格は非常に貴重なものですから、仕事に困るということはないはずです。万が一就職ができなかったとしても、非常勤医師として働く道は残されています。今の時代は、アルバイトで生計を立てている医師もいるぐらいですから、このスタイルは何も恥ずかしいものではありません。非常勤の医師にも、それなりの社会的意義があるのです。アルバイトでも年収は並のサラリーマンではとても無理なほど稼げるので、その点も心配はいりませんね。ですから、転職ができるならしてもいいでしょう。